家を売る場合のポイント

物件

1.複数の業者に査定の依頼をすること

家を売ろうと検討する時は、なるべく高く手放せるようにすることが重要です。
相手の言い値で売るようなことになれば、高額で売れる折角のチャンスが台無しになります。

勿論、相場以上に高く手放せるわけではありませんが、それでもかなり良い線で売買が成立する可能性はあります。

家という、大切な商品をなるべく高く売る方法はといえば、やはり価値を決める査定がポイントになるとマンション売却の達人というサイトでも紹介されています。

複数の業者に査定の依頼をしてみると分かりますが、同じ物件でもかなりバラツキが生じることがあります。
例えば、1社が1500万円位だとしたら、他の2社がそれぞれ1400万円と1600万円になるといった感じです。

しかも、もう1社が1200万円と平均よりも更に低いという、驚きの結果に至るケースも存在します。
この例の場合、最も理想的なのは1600万円で査定した業者に売ることですが、実際はもっと高く査定される可能性もあるわけです。

2.売買が成立しなければ手放す必要はない

仮に1社だけ査定の依頼を行ったとすると、これらの内どの業者にあたるか分からないので、家の価値が無視できないほどに大きく左右されてしまいます。
このような事態を避ける為には、査定の評価が高いと評判の業者に依頼するのが1つの手です。

他よりも高く評価してくれることが分かっていれば、低評価で家の価値を損ねてしまう心配が避けられます。
査定はあくまでも価値の評価に留まるので、売買が成立しなければ手放す必要はないです。

つまり、大切な物件を急いで売る必要はありませんし、時間的に余裕があるなら複数社を対象に価値を評価してもらうのが理想的です。
しかし、現実的には時間が掛かったり手間が生じることなどから、数える程度の業者に査定してもらうのが精一杯でしょう。

3.一括査定サービスを利用する

そこで時間短縮と手間の削減をできるのが、いわゆる一括査定という便利なサービスです。
一括査定は文字通り、物件の条件を指定して依頼を行うだけで、対象の複数社がそれぞれ物件の価値を調べてくれます。

依頼者は、全ての結果に目を通した上で、一番好条件を出した業者を選ぶだけと簡単です。
面倒な手続きは不要ですし、業者任せにして家を売ることができますから、一括査定サービスの利用はおすすめです。

ただし、いくら高く評価してくれるとはいっても、本当に手放せなければ手元にお金は入ってこないです。
売却の実現は、業者の営業マンの手腕に掛かっているので、本当に高額で手放せるのか調べる必要があります。

実績と自信を持つ業者は、その実力を数字で表していたりしますから、そういった情報に目を通すのがポイントです。
また、査定結果の根拠を尋ねたとして、疑問に対し明確に答えられれば説得力があると認められます。

ものの価値には根拠が必要不可欠ですから、根拠の説明ができないような業者はNGです。

4.売る物件のクリーニングや整理整頓は行っておくこと

家を売る際の基本的な心構えはこういったところですが、実は他にも覚えておきたいポイントがあります。
それは物件の価値を下げない部分で、商品として売り出すからには、クリーニングや整理整頓を心掛けたいところです。

水回りは毎日使うので汚れやすく、お手入れの良し悪しが結果に出やすい部分です。
台所のシンクやお風呂場の浴槽には水垢が付きやすいですし、濡れてはいけない部分の水分を放置するとカビが生えます。

いずれも対処可能な問題ですが、お手入れをサボって後回しにしてしまうと、黒ずんだりザラつきが生じるなどの問題が発生します。
見た目は商品価値に影響を与えますから、汚れやすい水回りは特に綺麗にしておきましょう。

これはトイレも同様ですし、一方のリビングは利用する機会が多く何かと物が溢れがちです。
整理整頓を済ませておくと、室内がスッキリして好印象となりますから、印象を良くすることを念頭に商品価値を高めて行くことが大切です。

福島の復興を促進する方法について

福島

1.アトックスが考える福島復興とは

福島の原子力発電所の事故が発生して8年になろうとしています。
現状では震災直後よりも復興が進んできていますが、一部の地域が立ち入り規制されているのでまだまだ完全であるとは言い難い状況にあります。

特に農作物や海産物に関する風評被害は未だに拭えておらず、食品の産地に福島産と書かれているだけで購入を敬遠する方も存在するのです。
適切に放射線測定器を使用して放射能汚染問題をクリアしているにもかかわらず、風評被害が相次いでいるのでこれらの問題を解決していくことが先決であると判断できます。

具体的な風評被害の解決策としては、有名芸能人の協力を仰いで福島産の食品が非常に魅力的であることをアピールすると良いでしょう。
風評被害を気にする人たちはほとんどがテレビやインターネットの一部のメディアを利用していることが多いのでそれらのマスメディアを活用してPRしていくことが重要だとアトックスも言及しています。

年齢層も20代の若年層から40代の中年層まで幅広く存在しているので世代に一致した芸能人に福島産の食品をPRしていくと効果的です。
YouTubeなどの動画サイトを活用していく方法も良いでしょう。

小学生や中学生などの若年層から人気のある動画投稿者にも協力を募って、PR活動を行っていくのです。
若年層からの支持を確保することができれば、あらぬ風評被害をネット上に拡散されるリスクも低くなるでしょう。

2.ふるさと納税を活用すれば地域のPRにもなる

もちろん、ふるさと納税も活用していくことも重要です。
ふるさと納税は地元に在住していない方でも返礼品を求めて市にお金を振り込むことができます。

>>福島県福島市[ふくしまし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道

風評被害によって在庫を抱えてしまったとしても、ふるさと納税を利用して返礼品として納税者に付与すれば、地域のPRにもなりますし市が税金を手に入れることができるので復興に近づくでしょう。

ふるさと納税によって税金を手に入れたら、税金の使いみちを考えることが重要です。
災害対策に税金を利用することも重要ですが復興のためにも民間企業に補助金や減税なども徹底していくことで地域の経済の活性化を促しましょう。

地域から雇用が生まれれば若い世代が大学や専門学校などの教育機関を卒業した後にそのまま就職することができます。
もちろん一般企業に助成金や減税をするだけでなく自営業者やフリーランスの方にも手厚く保護を行っておきましょう。

一般企業だけ優遇していると復興に遅れが生じてしまうことがあります。
理由として一般企業に就職するためには制限があるからです。

誰もが自由に商売を行うことができる自営業者やフリーランスの方のほうが参入障壁が少ないので、就職するよりも素早い経済の復興が期待できます。

3.柔軟に対応できる個人事業主が増えれば福島の経済が大きく向上していく

フリーランスや自営業者は一般企業とは違って小規模なのでできることは限られていますが、誰でも自由に参加できてすぐに経営方針を転換することによって時代の流れに沿うことができるメリットがあるのです。

柔軟に対応できる個人事業主が増えれば福島の経済が大きく向上していくでしょう。
外国人の労働者も意識して採用していくことも重要です。

人口が減少傾向にある地域では、税収が少なくなってしまい結果的に震災後のインフラ整備などが遅れてしまいます。
外国人労働者を雇用して人口が減少傾向にある地域への移住を促すことによって税収を増やすのです。

そうすれば過疎化に歯止めをかけることができますし、税収によってインフラ整備なども徹底していくことができるでしょう。
外国人労働者はそのままインフラ整備関係の業種に就職させることも良いでしょう。

4.原子力発電所は全て廃止にしておくこと

日本人よりも外国人のほうが人件費を安く済ませることができるようになっているので、市のインフラ工事であっても投入する費用を削減して税金の節約にも繋がります。

人口減少や過疎化の進行によって限られている税金を有効活用するためにも、徹底した節税が重要です。
それから原子力発電所は全て廃止にしておきましょう。

市民団体とのトラブルや再び事故が発生してしまうと取り返しの付かないことになっていしまいます。
安全でクリーンなエネルギーである太陽光発電システムを各家庭に徹底して装備することによって電力の自給自足を促すのです。

エネルギー問題が解決できるようになれば食糧問題や経済の問題も解決できるようになります。
結果的に昔の活気のある地域に戻っていくでしょう。

5.まとめ

以上の点から福島の復興を促進するには、食材の風評被害問題や民間企業に対する助成金や減税を徹底していくことが重要です。
経済の問題をクリアしたら次はエネルギー問題と過疎化の問題を解決させていくと良いでしょう。

エネルギー問題は各家庭に太陽光発電システムを導入させて、外国人労働者を雇って過疎化を食い止めて税収を維持させておくのです。
ふるさと納税や動画共有サイトを活用してインターネット上からも地元をPRしていくと良いです。

これらの政策がうまく機能すれば、昔の活気のある地域に戻ることも期待できます。