麻雀をしてみよう

1.麻雀は趣味として楽しい

さまざまなことに興味を持つということは大切です。
私生活、仕事上さまざまな方と関わることもあり多趣味な方は初めて会う方に対してもいろいろな話題を提供でき、コミュニケーションの一環としていろいろな趣味を持つように心がけるというのもいいでしょう。

時には麻雀などの趣味を持つというのも有効な手段です。
いろいろと覚える必要もありますが、麻雀を趣味とした場合には、趣味を同じくしたもの同士で集まり楽しむことができます。

また、楽しみながらもコミュニケーションをとるなどしてつながりを大切にしてみるということもできます。
同じ面子をそろえることで、定期的な集まりとして利用してみるというのもいいでしょう。
ただし、同じ面子ではいつも顔ぶれが同じだとマンネリ化してしまうケースもあるため、そのような場合には面子をかえてみるなども大切です。

2.オンライン麻雀ならいつでも楽しめる

また、麻雀をする面子を集めることが難しい、時間が合わなくてできないという場合には、オンライン麻雀で楽しむというのも一つの方法です。
ネットを利用したサービスは年々増加傾向にあります。

便利なサービスや個人で楽しめる、暇つぶしとなるサービスなども多く、オンラインでゲームを楽しむというのもそれなりに流行っています。
麻雀に関してもオンライン対戦など簡単にできるため、試しにやってみるというのもいいでしょう。

賭け麻雀をオンラインで楽しむならDORA麻雀

対人、対コンピューターなど自分で選択してみるというのも一つの方法です。
対人ならば面識はない相手ではあっても人同士の対戦となるため、それなりに楽しむことも可能です。

また、コンピューターと対戦するという場合には、ある程度癖のある打ち方、単調な打ち方にコンピューターの場合にはなりがちです。
楽しむというよりは対人戦で勝てるようになるために、練習として利用してみるというのもいいでしょう。
基本的な打ち方や経験を積み自身が強くなるためにコンピューターと対戦してみるということも大切です。

3.対人戦を行う場合の注意点について

対人戦の場合には、人同士で対戦するということになるため、人によって打ち方などもそれなりに特徴や癖などが違い自身が強くなるためには、より多くの対人戦を行うというのもいいでしょう。

ただし、対人戦の場合には、対戦中にトイレやちょっとした用事で席を離れてしまう方や対戦中に離脱してしまいオフラインになってしまうなどのケースも存在するため注意が必要です。

基本的に、面識のない人達との対戦になるため、どのような人物なのかというのがわかりません。
オンラインゲームに関しても、マナーなども知らずにいい加減に参加してくる方もいます。

負けそうな場合や思うようなゲーム展開にならず機嫌が悪くなりやめてしまうということもないとは言い切れません。
その点からも、コンピューターと対戦するよりは、さまざまな打ち方などが研究でき上達するには対人戦が望ましいですが、途中で対戦中の人達がいなくなる、なかなかゲームが進まないような状況となる可能性もあるため、注意が必要です。

4.区切りのいいところまでは参加すること

また、そのような人々がいるからといって、自分もオンラインゲームに関してのマナーを守らず適当に遊んでしまうというのはよくありません。
基本的に、最低限ゲームをする場合には、参加している人達が不快な気分にならないように、全員が楽しめるようにゲームを行うことも重要です。

ゲームで対戦している場合には、勝ち負けなどに関して加減するという必要はありませんが、コメントなどができるゲームなどの場合に、相手を挑発するような言動や不快にさせるような言動をしないこと、途中どうしても離席する必要がある場合には、一言断りを入れるなどして最低限のマナーは守るようにすることも必要です。

また、きちんとオンラインゲームで対戦している場合には、区切りのいいところまでは参加するということも大切なポイントといえるでしょう。
途中でオフラインで離脱などしないように注意することが必要です。

5.オンライン麻雀はルール、マナーなどをきちんと守ることが重要

オンライン麻雀などは、IDやメールアドレスなどがあれば比較的気軽にアカウントを作成しゲームに参加することも可能です。
そのため、多くの方がゲームを楽しむことができる点からもルール、マナーなどをきちんと守るということがとても重要です。

雀荘などで人同士で集まる場合でも、周囲を不快にさせるようなことをすれば、反感を食らう可能性や楽しむために行っているのにかえってみんなの機嫌を損ねてしまう結果となります。

オンラインゲームでは直接、相手の顔がわからないという点からも、いまいち実感がわかない方も多い傾向もありますが、人同士で参加しゲームをしているという認識をしっかりともつことが大切です。

ゲームをするというなら基本的にみんなで楽しむことを前提に参加しましょう。
人によって考え方、性格なども違うためその点なども注意しながらゲームをより楽しめるように参加者全体のことを考えつつ自身もゲームを楽しむことが大切なことだといえるでしょう。